大阪で信頼度の高いAGAクリニックは?

 

【大阪のAGAクリニック選び専用HP】大阪で薄毛治療する前に!

 

薄毛の代表的な症状としてAGAがあり、年齢的に若いうちから抜毛が目立つ点などが特徴となります。
AGAによる薄毛が進行しているときには、生活習慣や食生活の乱れを改善したり、ストレスを解消するための方法を実践しても薄毛の進行を食い止められない可能性があります。
AGAでは男性ホルモンの影響によって、薄毛になっていると考えられることから、クリニックなどを受診して専門的な治療を受けることがおすすめです。

 

大阪に住んでいる方の場合には、様々なクリニックが存在していることから、どこが良いのか判断するために事前に情報を持っていると便利です。
加藤AGAクリニックは、発毛と育毛の医療を専門的に行っているクリニックで、AGA治療に加えて、円形脱毛症やびまん性脱毛などの症状を発症している人も診てもらうことが可能です。
医学的な根拠に基づいた治療が行われていて、患者ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの医薬品の処方をしてくれます。

 

発毛成長因子と呼ばれるAGAメソセラピーの施術によって、頭皮に直接的に栄養素を注入する施術も行っており、早い人であれば2か月から3か月ほどで効果が現れると言われています。
再生医療と言われるグロースファクター療法を導入しているクリニックとして、聖心美容外科があります。

 

聖心美容外科では毛髪再生外来が設置されており、成長因子を頭皮に注入することで毛髪の成長シグナルを取り戻すことができると考えられています。
今まで行われていた毛髪再生のための注入法と比較して、さらに様々な成長因子を配合していることから、頭皮に高確率で浸透させることが可能となっています。

 

AGA治療として有効性が高いと考えられている、HARG療法を受けることができるクリニックに、大阪梅田中央クリニックがあります。
HARG療法を受けることができるクリニックは、全国で50施設ほどしかないと言われており、大阪梅田中央クリニックはそのうちの1つとなります。

 

HARG療法は治療を施した部分については、高い確率で発毛が確認されている治療法で、専門的な担当医によって施術が行われますので、安心して治療を受けることができる点がメリットです。

AGA治療をするために選ぶクリニック

 

【大阪のAGAクリニック選び専用HP】大阪で薄毛治療する前に!

 

大阪は比較的クリニックに恵まれていますので、在住の方は受けたい治療を受けることができる環境にあると言えます。AGA治療をするために選ぶクリニックは2通りあります。ひとつは通常のクリニックでAGA治療薬を扱っているところを選ぶことです。抜け毛が気になり、もしかしたらAGA男性型脱毛症ではないかと疑っている人は、まずこのようなところで治療を開始すると良いです。普通の内科でも処方しているクリニックもありますので、探すのは特に難しいことはないはずです。

 

頭皮が見えていて、本格的に治療を開始する場合は、大阪にあるAGA専門のクリニックを選ぶことをおすすめします。従来のプロペシアやミノキシジルを使った治療はもちろん、本格的な治療を開始することができます。全国的に見てもAGA専門にしている医師の数が少なく、医薬品を処方してくれる通常のクリニックでは、本格的な治療ができません。それは施術面においても、違いがあります。毛髪再生治療といって、頭皮に直接注射をして発毛を施そうとする治療法や、頭髪のためを考えたサプリメントも配合されたAGA治療薬をクリニック独自で開発しているクリニックもあります。

 

専門クリニックの方が、本格的な治療を開始することができるのがわかるでしょう。ただ費用は高くなりますので、しっかりと対応をする必要があります。AGA治療は終わりがありません、頭髪をあきらめる時が、治療の終わりです。どんなに改善したとしても、治療を止めてしまえば、改善した頭髪は必ず衰退します。治療を続けることを決めた後は、続ける必要ができてきます。費用を払うことができなくなったからといって、治療を止めることがないように、費用の面をしっかりとカバーしておくことをおすすめします。自身の頭髪の状態と費用を照らし合わせながら、自分でできる治療を選ばなければなりません。大阪には多くのクリニックがあり選択肢は豊富ですが、治療し続けることができるクリニックを選んでください。

若い人で髪の毛が薄くなってきたらそれはAGAかもしれません。

 

【大阪のAGAクリニック選び専用HP】大阪で薄毛治療する前に!

 

AGAは男性型脱毛症のことで若い年齢からでも髪の毛がうくなってくる症状であり、頭頂部の髪の毛が抜けてきたり、前髪の生え際の髪の毛が抜けて薄くなってくるという症状なのです。

 

AGAはヘアサイクルが乱れてしまうことで通常4〜5年あるヘアサイクルが1、2年に早まってしまい髪の毛が成長する本数よりも抜ける本数のほうが多くなってしまうことが原因なのです。
その原因のもととなっているのが生活環境などの変化や男性ホルモンの影響があると言われています。

 

生活環境の変化としては油物を多くとっている食事をしているとやはり皮脂の分泌も多くなります。髪の毛が生えている頭皮の肌のコンディションも悪くなってしまいます。
お酒も影響があります。成人になってお酒をよく飲むようになるとその糖分が脂肪にかわり過剰に皮脂が分泌されることにもなります。その結果皮脂が毛穴を塞いでしまうことになります。

 

喫煙は血行を悪くします。これは頭皮にある毛根への血行も悪くなります。髪の毛には栄養が必要です、その栄養分は血管から運ばれていますが、血行がわるくなると必要な栄養分が運ばれなくなります。

 

それ以外にも十分に睡眠がとれていなかったり、過度なストレスなども影響します。これらいくつかの要因が重なって結果的にヘアサイクルを乱してしまい、髪の毛が早く抜けてしまったり弱く細い髪の毛になり抜けやすくなってしまうのです。

 

抜け毛が気になったり、薄くなってきたと感じたら早めに治療を行うことが大切です。大阪にはAGA治療の人気のクリニックもあります。悩んでいるよりもまずはこのようなところに相談をしてみることです。

 

AGA治療には時間がかかります。すぐに髪の毛は生えてきません、ヘアサイクルが正常に戻るためにも時間はかかりますが、早めに治療を行うということで大阪などの人気のクリニックに相談をしてみると悩みも解消されます。

男性ホルモンの分泌量

 

【大阪のAGAクリニック選び専用HP】大阪で薄毛治療する前に!

 

男性型脱毛症と言われる薄毛や抜け毛の症状は、男性ホルモンの分泌量が多いことが影響しています。男性ホルモンのテストテロンが多く分泌されると、体内にある酵素の一種と結合してジヒドロテストテロンという物質に変化します。ジヒドロテストテロンは髪の毛を生やす元ともいえる毛母細胞の中にある受容体と結合し脱毛の指示を出してしまうことで、本来ならばまだ伸びていくはずの髪の毛が抜けてしまうのです。ノコギリヤシはテストテロンと結合する酵素の一種の働きを抑える効果があるため、ジヒドロテストテロンが合成されなくなり、毛母細胞が本来の時期よりも早く脱毛をしてしまうことを防ぐ効果があるため、髪が増えたように感じるのです。これが、ノコギリヤシの育毛効果です。日本国内ではノコギリヤシサプリとして各社から販売されており、天然のハーブだということで処方箋や通院の必要がなくドラッグストアや通販などで簡単に手に入れることが出来るため、中高年の男性に人気のサプリとなっています。

 

どんなものでも副作用があるためノコギリヤシサプリで育毛しようとしたときにも副作用が気になるところです。現在報告されているものとして、吐き気、嘔吐、便秘、下痢、腹痛といった胃腸症状がほとんどです。また、ノコギリヤシは男性の前立腺肥大を抑制、改善する効果もあるサプリのため、前立腺肥大などの症状がない人の場合には性欲減退やスポーツをしている人などは筋肉がつきにくくなる、体毛が薄くなるなどの症状が出る場合があります。これらの症状はすべての人に感じられるわけではありませんが、服用の際の注意として理解しておくと良いでしょう。発毛効果を期待した場合の摂取量はサプリのため明確な量は厚生労働省などから発表されていませんが、1日に320〜340rとされていますので、これ以上の過剰摂取にならないようにサプリの摂取量を調整することが重要です。また、家族で妊娠・授乳中の人が居る場合、胎児や赤ちゃんに影響が出る場合があります。

リアップは日本で唯一脱毛に対して効果が認められている医薬品です。

 

【大阪のAGAクリニック選び専用HP】大阪で薄毛治療する前に!

 

似たような製品は他にいくつもありますが、それらは単に血行促進効果であったり、頭皮の毛穴洗浄効果であったりするだけで、確かに多少抜けにくくはなるのでしょうが、臨床的に効果が認められていないという意味で気休めに近いものがあります。薬用、などと銘打たれていても、実際には医薬部外品に分類されます。

 

その点リアップはれっきとした医薬品で、第T類医薬品に分類されていますね。

 

臨床試験での根拠もはっきりしていて、24週間、つまり約半年間使用することで9割の人に改善が認められています。そして、その改善も中等度以上のものが半数以上を占めています。ここで中等度の改善というのは、もともと薄かったところにもはっきりと発毛が見られる程度ということを意味しています。単に抜け毛の予防だけではなくて、いったん薄くなってしまったところにも発毛が認められるということです。

 

そんなリアップですが、どんな人にも効果があるかというとそうではありません。効きやすいのは壮年性脱毛、ちょっと言い方は悪いかもしれませんが普通の中年おやじのハゲに一番効く、ということになります。もちろん、できるだけ脱毛が目立たない、早いうちに使用するほうが効果的です。一方で、そうでない脱毛、例えばストレスによる円形脱毛症などには適していません。一応、適応年齢は20歳以上とはなっていますが、いわゆる若ハゲは進行が早いものが多いので、こちらもリアップでは十分な効果は得られないかもしれません。

 

副作用ですが、最も多いのは塗布した部分の炎症やかゆみです。また、もともとこの薬は高血圧の薬として開発されていたものです。そのため、血圧や循環器系に関係した副作用、例えば動悸などが起こる可能性があります。外用剤ですので可能性は低いと考えられますが、万一このような症状が起きた場合は、使用を中止して医師や薬剤師に相談するようにしましょう。